セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

30代で自動二輪免許を取得した話①

f:id:selphie8:20161011161345j:plain

こんにちは、セルフィです。




風が涼しく夜は長袖・長ズボンで眠るようになりました。

過ごしやすいさ、バンザイ。




さて、私は自動二輪の免許を持っているのですが、
最近取得したというと、驚かれます。



バイクには縁のない女性も多いですしね。


400ccのバイクに乗っていますが、運転している所を見られると、更におどろかれます。


すごい・かっこいい、などなど。


私自身はまだまだ初心者で、すごくも、かっこよくもないのですが・・・汗


でも、意外とちゃんと免許は取れますし、
乗ると楽しいです。





ということで、30代になり免許を取ったけど、こんな感じだったよ~、というお話をしようと思います。






私は結婚してから普通自動二輪車免許を取得しました。


普通自動二輪車免許っていうのが要するにバイクの免許です。


バイクの免許には7種類あって、免許の種類によって乗れる大きさや、MTかATかなどが別れます。

MT・ATがわからない人はググりましょー。


私はそのうちの一つで、MT400ccのバイクまで乗れる免許を取りました。





さて、なぜ免許を取ろうと思ったかは、
以下3項目です。




①暇だったから


②20代前半頃少し興味があったから


③主人がバイクに乗っているから



以上の3つが主な理由です。




①暇だったから


これは大きな理由です。
バイクの免許を取るには一般的には教習所に通わなければなりません。

フルタイムで働く中、その時間を捻出しようと思うと結構な気合いがいります。


しかし、わたしは結婚に伴う引っ越しで当時無職でありました。


毎日教習所へ通える境遇だったのです。




②20代前半時少し興味があった

これはバイクに乗っている主人に言った言葉です。


「昔、免許取りたいな~って思ったことがあったんだよ~」




で、③バイクに乗っている主人に言われました。


「免許取ったらいいじゃん」






私がバイクの免許をとる????


考えたこともありませんでした。


でも、今なら実現できるんだ、
バイクの免許を取れる環境にあるんだ!


そう思い、テンションが上がり、次の日には教習所へ申し込みに行きました。


夜帰宅した主人に報告すると、あまりにも行動が早かったため驚かれました。




ふふふ、決めると行動早いのだ。




そんな感じで軽くサクッと教習所へ入校し、教習所生活がスタートしました。





お話は次回へ続きま~す。