読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

夜中にドバっと大量出血。3回目の流産を覚悟した瞬間。

妊娠生活

f:id:selphie8:20170112004859j:plain

 

 

 

こんにちは、セルフィです。

 

現在自宅安静の身にありまして、1日ダラダラと家で過ごしています。

 

現在妊娠10週目。

 

8週目の夜中に大量出血がありまして、てんやわんやしたので、レポートをば。

 

 

夜お風呂を洗っていると、尿漏れのような感覚が。

 

 

びっくりしてお手洗いへ行くと、そのままドバーッと出血が。

 

もー、ビックリしました。

 

感覚としてはコップ1、2杯分くらいの量で、一気に出てきたのです。

 

 

流産経験のある私。

 

さらには最近少しつわりが軽くなっていました。

 

こんな勢いで出てくるからには、また駄目だと思い、

 

トイレの中で

 

「もうだめだ~」

 

「うわぁ、うわぁ~」

 

などと、てんやわんやに。

 

 

 

とりあえず出きったようなので、出てから主人に報告。トイレ内の声は聞こえていたよう。

 

そのまま産婦人科へ電話しようとすると、もう一度出そうな感じになったので、またお手洗いへ。

 

また、ジュワッと出ました。

 

 

それから産婦人科へ電話すると、

 

「診察を受けられますか?」

 

とのお言葉。

 

 

 

「はい!行きます!」とお返事をして、すぐ産婦人科へ行きました。

 

 

自宅から病院までは車で10分かかりません。

まだ出てきそうな感じがあったので、夜用ナプキンをあて、主人に連れて行ってもらいました。

 

 

夜間入り口から病院へ入ると、看護士さん2人が応対してくれ、5分後には先生の診察を受けられました。

 

経膣エコーにて見てもらうと、

赤ちゃんは無事でした!

 

心臓もちゃんと動いて!

 

 

 

涙がでました。

 

もう駄目だと思って車中で諦め発言を繰り出し、ダメージを少なくしようとしていたので、本当に嬉しかった!

 

 

 

先生曰わく、血が溜まってたんだろうとのこと。

 

今は出きったみたいだと。

 

 

ただ、このまま大丈夫かは一週間安静にして様子を見ようとの事。

 

「薬もあるけど、あんまり良くもないし、赤ちゃんの生命力を信じて、安静にね。」

 

とのことで、そのまま自宅安静に入った次第でした。

 

 

診察室で先生に、

 

「あんなに血が出たから、もう駄目だと思って・・・!」

 

と、3回は繰り返した事を覚えています。

 

 

緊張と不安の後の脱力感。

 

 

夜中に対応してくださった病院がありがたかった!

 

帰り際看護士さんが、

 

「良かったね、安静だよ!

仕事も休んでね。」

 

 

と寄り添いながら力強く言って下さって、これまた嬉しかったな。

 

 

 

主人に、

 

「生きてた~(涙)」

 

と言うと、

 

「ん!そんなこともあるみたいね!

泣き虫め。」

 

と、いつもの調子で言われて、ホッとしました。

 

 

てんやわんやしていた気持ちが落ち着いたのです。

 

主人がいつも通りの調子でいてくれることが、安心します。

 

 

その後は帰宅後すぐ寝ました。

 

疲れきってしまって。

 

 

翌日は出血は収まり、茶色い残りかすが出てくるだけでした。

 

 

 

職場にも連絡をいれ、お休みを頂いています。

 

 

衝撃的な出来事でした。

 

 

一週間後再度診察と予定していた妊婦検診を受けに行くと、まだ出血があるとの事で今も自宅安静を続けています。

 

 

赤ちゃんは元気みたいなので、後は出血がおさまればなぁ、と。

 

 

今はダクチルも飲みつつ、日々過ごしています。

 

 

このまま無事に育って、こんな事があったんだよって言える日がくるといいな。

 

 

ゆっくりできる環境にあることに感謝して、

 

今日も頑張りすぎずにがんばります。