読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

セロリ

夫婦の価値観 妊娠生活

f:id:selphie8:20170131155213j:plain




こんにちは、セルフィです。



つわりの始まり頃、嫌いだったセロリが食べたくなり、マリネを作りました。

美味しく食べた一時間後に気持ち悪くなり、残ったマリネは食べられなくなりました。



つわりの最中はせっかく食べられたものでも、一時間ほど後に気持ち悪くなり、次の日には食べられないということを繰り返します。

せっかく食べられるからと、買ったり作ったりしたものを、廃棄せざるをえず、夫から文句を言われて凹んでおりました。




そんなつわりの始まりに、セロリという歌を思い出しました。




山崎まさよしの歌ですね、SMAPも歌ってます。



価値観は違って当たり前、ただ君のことが好きだから思いやりながら一緒にいよう(私的解釈)ってな歌です。



結婚してすごく思うのです。

価値観の違いが浮き彫りになることだらけだと。

起床の仕方、帰宅後の過ごし方、テレビのチャンネル、洗濯のタイミング、休日の過ごし方、家計の管理、貯金の仕方etc.etc.etc...

言い出すときりがありません。




それでも家族になるには価値観のすりあわせが必要で、それにはお互いに思いやりが必要で。

でも、なんでこんな面倒くさいことするかって、君のことが好きだからなのですよね。



selphie8.hatenablog.com






文句を言っていた夫は私のつわりのパターンが解ったので、一食分より多い量を買うなと言うようになりました。

私はそうすることにしました。

文句を言われることはなくなり、凹まなくなりました。

その日そのタイミングで食べられる物が変わる私に根気よく付き合ってくれるようにもなりました。



今の私が何が出来て、何が出来ないかを考えて行動してくれます。



いつも思いやりをありがとう。



私は思いやりができているかな。



セロリはいい歌だな。

結婚して本当によく思います。



そんな、つわりの軽くなった今日この頃。



今日もがんばりすぎずに、がんばります。