読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

「耳をすませば」大好きだけど、見方が変わってきた話

f:id:selphie8:20170203113156j:plain


こんにちは、セルフィです。



今日は映画のお話。

少し前にテレビ放送された「耳をすませば」。

大好き作品です。



初めて見たのは小学校から中学校へ進学する前後の頃です。

少女マンガ漬けだった私にはストライクすぎる作品で、キュンキュンしながら見ておりました。

恋と青春が詰まっていて、甘酸っぱいったらありゃしない。

カントリーロードを歌うのも楽しい。

とにかく楽しく見ておりました。



もちろん今も楽しく見ていることに変わりはありません。

ただ、違う感情も生まれてきました。




まず、主人公の雫ですが、一生懸命さや不器用さが眩しくて、眩しくて。

目がくらみます。

一生懸命になれるものがあるってうらやましい。

私も何かに一生懸命になりたいとも思いますし、そんないきなりフルスロットルで大丈夫?とも老婆心ながらそわそわします。




次に雫の親友のゆうこ。

しっかり者に見えつつ、好きな人の前では固まっちゃう系女子。

なんて可愛らしいの。

アラサーとなり愛でる対象となりました。




そして、杉村。

ことあるごとに好きな雫に話しかける杉村。

かわええな杉村。

かわいいくせにあの男前な告白!

私の一番たぎるシーンです。

しかしあきらめも早い!

さすがだ、杉村。

自分を好きな子を好きになろうとするっぽい杉村。

どうなる、杉村!!

これまたアラサーとなり愛でる対象となりました。




最後に問題の男、天沢聖司

当時はかっこいいな~くらいで見ていましたが、今ではおなじみのストーカーネタキャラ。

ストーカー考察を見れば見るほど納得し、今では純粋にヒーローとしては見れなくなってしまいました。

もちろん好きですが、映画を見ながら完璧な立ち振る舞い(ストーカー的な意味で)を見るにつけ、こやつただ者ではない!とニヤニヤしながら鑑賞しています。



そんなこんなで大人になった今は若かりし頃とは違って斜めから見ている「耳をすませば」。

自分の中の情報量の変化や経験値を踏まえて、変わっていく感想ですが、やっぱり楽しく大好きなので、また2,3年後にでも放送してほしいな。

DVD買えよって話もあるかもですが、金曜ロードショーで見るのがいいんだよね、うんうん。

 

しかし、雫と聖司くんは将来結婚しないだろうな~なんて思う。

美しい思い出として持ちつつ、それぞれ自分の道を進むんじゃないかなぁ。

そんな感想も今の年齢になってからのこと。




雫ちゃん、大人になったらがんばりすぎずに、がんばってね。