読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

住宅メーカーの見学会で前向きになったり後ろ向きになったりした話

f:id:selphie8:20170208142200j:plain


こんにちは、セルフィです。

マイホームについて考える今日この頃。

先日住宅メーカーの見学会に参加してきました。

主人の実家は10年ほど前に新築しており、その際両親と共に住宅メーカー巡りをしたようで、その中で主人的に一番良かった住宅メーカーというのがあるのです。実家は諸事情でそのメーカーにはしなかったようですが、その話をしていて、どこが好きとか色々あるようなので、そのメーカーに勉強がてら見に行きました。



住宅メーカーに関しては知識がないので、主人が好きなメーカーとはどんな所かいな~ぐらいの気持ちで行ったのですが、担当者から良かったら次回の見学会に来ませんかとチラシを頂き、参加する流れとなりました。

私はマイホームについて悩んでいます。

selphie8.hatenablog.com

なぜ悩んでいるのに見学会に参加したのかというと、楽しそうだったからです。悩んでいて苦しいので、楽しいことに手をつけたかった。

見学会とは建築途中の現場や築数年後のお住まいなどを巡り、お昼ご飯まで出る(重要ポインツ)という私ホイホイな企画。あっさり引っかかってきました。

結果見学会は楽しかったです。
実験などを絡ませながらの説明がありますし、普段見ることのない現場の状況などは勉強になります。こういう勉強は好きです。実際住んでおられる家を見ることができるのもいいですね。現実的な間取りを見られるので。主人がこのメーカーを気に入っている部分もよくわかりました。

工程は次のとおり。

  • 展示場集合・バス移動
  • 建築現場見学・施工の説明
  • 昼食
  • 築○年の住宅見学
  • 築○年の住宅見学2
  • 展示場着・個別相談


楽しくも妊娠中ということがあり、個別相談の頃にはくったり疲れていました。

個別相談では実際建築どうですかと担当者さんに言われます。そりゃそうだ、家を売るのが目的てすからね。

色々数字を書いて言葉で説明してくださるのはとても分かりやすく、楽しい時間となりました。インターネットで調べることより、人の言葉で説明を受けるのは数段理解しやすいです。
ただし素敵な施工事例やパンフレットが置いてあるあの部屋は、その気にさせる工夫満載の魔窟だとも言える。

結局朝早くから夕方遅くまでがっつり参加し、次回の予定まで入れて満足して帰途につきました。

いやいや、ちょっとまてあんた。
よくある住宅メーカーの流れに乗っちゃってるよ、大丈夫かい、浮かれてるよーって声が聞こえてきますが、はい、私もそう思います。

そもそも私はマイホームを迷っているのです。

転勤族の身なので、今の居住地に今の年齢でマイホームを買うのか。
買うなら中古なのか、新築なのか。
転勤になったらどうするのか。
転勤になっても主人と離れるのは嫌だ、でもそんな事言ってたらマイホームは定年まで買えない。
そしたらライフプランを考えたりしなきゃじゃないのーうんぬんかんぬん。

悩んで悩むのが嫌になってきています。
正解がないので、答えはありません。
未来はわかりません。

帰る道すがらテンションは下がっていきました。
悩みの種が増えたからです。

うじうじうじ・・・

それから2日間、気持ちはウジウジし続けました。

が、今日はウジウジしてません。
ウジウジするのがバカらしくなってきたので。
ウジウジは何も生み出しません。
ただの停滞です。
ウジウジ飽きた!!!

次の予定を入れたのは良かったです。適度に追い立てられるとやる気になります。
あの日帰り道、主人は「追い込まれてきたね~、がんばれ、がんばれ~」とニヤニヤしておりました。

くそう!どうせ追い込まれないと火が着かないよ、コンチクショウ!と思いつつ、一年以上もマイホームについてのらりくらりとまたせているので、いつも待っていてくれて、ありがとうとも思います。

感謝はマジぽんです、ありがとう。

さて個別相談で私がライフプランの話をすると、担当者さんはすぐファイナンシャルプランナーさんにアポを取って話ができる段取りをつけてくださいました。
次の予定より先にあるので、行ってきます。

やはり自分で何となく調べるより、人から話で聞いた方が理解力が上がるので(私だけ?)、がっつりかぶりついてこようと思います。



そんなこんなで、ウジウジしつつもがんばりすぎずに、がんばるよー。