セルフィの結婚生活ノート

彼氏の転勤に結婚してついて行き、見知らぬ土地で奮闘する主婦のブログ。体験談や、葛藤など更新していきます。

怒りとパートナー

こんにちは、セルフィです。

まだまだ切迫早産で入院生活中。綱渡りな日々ながら、このところ一応落ち着いています。

さて、入院中する事といえば、テレビウォッチングです。




昨日今日と怒りに関する番組をNHKで放送していました。
NHKスペシャルで「妻が夫にキレる本当のワケ」
あさイチで「オンナの怒り解消法」
あさイチは前後の番組とテーマを絡ませることが多いですね)

どちらの番組でも女性が自分の夫や子どもに対してキレている風景が映し出されていました。
仕事と家事育児に追われる方、
夫の過去の所業を恨んでいる方、
子どもが言うこと聞かなくてカッとなる方。
よく見聞きする女性の生態だと思います。

NHKスペシャルの方は、パートナーと共にキレる現象を解決しようとするアプローチ。
あさイチはキレる本人ができる緩和方を紹介。
時間帯視聴者考えたらこうなりますよね。

大変興味深く視聴しました。
感情のコントロールや、夫婦関係・パートナーシップに関する事は好きな分野で、以前からネットで見たり、本を読んだりする事が多かったので。
対策法に関しては本やネットにあるものの解りやすいバージョンだなと。
ただ、NHKでも特集を組むほど関心のあるテーマなんだな~と思いました。

怒りの感情は誰にでもある。ただ対処法である程度のコントロールができるとなれば、知っておきたい。
夫や子ども対して怒りの感情ばかりの生活は、自分も周りも消耗していくでしょうから、それは避けたい。
テレビの中の当事者(キレる妻)だってもちろんそう思ってて、でも怒っちゃう。

本やネットやテレビを見てて自分の中にうまれた結論は、余裕が無いって事。
日々の生活に追われる中、余裕なんてあるわけございませんよね、そりゃあ。

私が望む産後は家事・育児・仕事のある生活です。
そんな中もし夫や子どもに対してキレるようになってしまったら、どうするか。

自分に余裕が無い、ということを思い出せるようにありたい、かな。

余裕が無い事を自覚することで、ふと立ち止まれるのではないか。
そんな甘くないぞって声も当事者からは聞こえてきそうですね、やってみると全然思っていたのと違う世界かもしれませんし。

相手あっての自分。
相手あっての怒り。
余裕が無くて、相手に期待して、思うとおりにいかなくて、溜め込んで、
キレちゃう。
自分は苦しい、自分ばっかり、自分・自分。
そんなふうになった時、余裕が無いことを少しでも自覚できたら。
そこから客観的な自分になれたら、相手への思いやりを思い出せたらと、考えます。


結婚してからは夫あっての自分であることが増えました。
楽しいことは2倍になりましたし、悲しいことは半分になりました。
入院中の今は更に頼もしく、夫と結婚して良かったなぁと思うので、今後もそうありたいし、相手にもそう思ってもらえたら嬉しいなぁと思う。


内面のことを考えたりする入院生活。
あまり思い込みすぎるとこれまた余裕が無くなるのでふんわ~り考えつつ、今日もテレビウォッチングしながら頑張りすぎずにがんばって安静に過ごします。